2013年09月29日

ルンギ

紫〜ピンクのグラデーションの中に、青や緑のライン

ルンギ。ルンギーとのばしているサイトもあります。

インドの男性が腰に巻く腰布だそうです。
そういえば、そうかも。
ただ、こんなカラフルなものばかりではなくて、白っぽいものをよく見かける気がします。
――でもカラフルなものも見かけるかな?

「見かける」とは写真や映画でのことです。

これは、「いくら以上買うとプレゼント」にあったので、無料でいただきました。
ルンギとしては使わないので、できるだけショールやストールとして使えそうなものを選びました。
――本当はもっとシンプルな色合いがよかったんだけど、なかったんですよね〜☆

とても大きくて、これが無料でいただけるのは嬉しい、という巨大さです。
でも布地はシルクとか、そういうわけではないので、高級感は少なめです。
気軽に使えるストールとして利用しています。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

ヒマラヤ岩塩

ちょっと赤みがかった黒の岩塩

これは買ったのではなく、「いくら以上お買い上げでプレゼント」の商品です。

3000円だったか5000円だったか10000円だったか忘れました。

食用ではないので、お風呂などに使ってください、とありました。
でもサイトの口コミには、「(自己責任で)食用にしたけど、おいしかった」と記載がありました。

わたしは食用には使いませんでした。
知人に物を送るとき、これも入れてみました。
入浴剤のお好きな方だったからです。

「おなら?」と思ったけど、これは違う――温泉の匂いですね♪
という感想でした。とっても体に良さそう〜という――

そういう匂いがするそうなので、食用にはどうかなと思い、
うちでもお風呂に使ってしまいました。
なかなか溶けないしっかりした岩塩なので、こすってお風呂を傷つけないように注意しました。

なんといっても色が美しいのがいいです。
さらに、体によさそうでいいです。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

herb time

銀色パッケージ 3種類ある

2種類ある



フツーにドラッグストアに行って、フツーの入浴剤コーナーで、フツーに見かけました。
「あれ、見たことないものが出てる」

「見たことないものが出てる」はよくあるし、逆に「あれはどこにいったかな?」というのもあります。
好きだったものがなくなるのは悲しいので、そもそもお気に入りは定番で並んでいるものにしておきたいと思います。
だからクナイプ――

これはハーブって書いてあるので、香りがいいかな?と思いました。

香りも悪くないし、あたたまったけど、これ、白濁系でした。

お風呂は白濁は好みでなく、いわゆる「クリアなお湯色」がいいので、白濁は買いません。
やられた!!
たまに買うと、そういう確認をするのを忘れてしまう――

というわけで、悪くなくても次はありません。

∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 -My Favorite- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

NIGHT BATH バラの香り

ピンクのバラのパッケージ

バラの香りということに惹かれました。
さらにピンクの色合いがバラを思い起こせました。

パッケージの柄としてはあまり好みじゃないんだけど、
色はまさに「バラを思わせる」色で、そこがポイントだったかな。

お値段も安いので、あまり期待せずに買いました。
期待せずに買うと、がっかりすることもないので安心です。


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 -My Favorite- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

きき湯

「きき湯」という言葉に惹かれました。

それから、ブルーのほうは、ハーブだっていうことにも惹かれました。
パッケージがちょっとクナイプを思わせる感じで、そこもポイントだったかも。

結局、マーケティングの人のいいように買わされている気がします。

使ってみてどうだったかというと、日本製なので香りが落ち着いてました。
温まり具合は――なかなかだったかな、という気がします。

バスソルトを使うのは、新陳代謝の悪いわたしでも比較的すぐ汗ばめること。
すぐに温まる夫は、逆にソルトは熱くなりすぎて入っていられない、と好みません。

わたしとしては、クナイプなどほどではなかった&その他の入浴剤よりは温まった というところです。

これは気に入ったので、また買ってもいいと思いました。


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 -My Favorite- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.18 鶴岡〜小町通り〜鎌倉駅

後は駅へと向かうだけ! と、荏柄天神社からは寄り道せず、駅に向かいました。
人がいっぱい通るところは早く歩けないしね、と1つ隣の道を通ったりしました。
――でも、そこも割とたくさんの人が歩いています。(だから迷わない:笑)

たぶん家の1階がレストラン 前にしゃれた車がとまってる

はずれた通りにもちょっとしたお店などがあるのですね☆

鶴岡八幡宮の中 裏のほうであまり人はいない

歩き続けたら、鶴岡八幡宮の裏のほうに到着!( ̄▽ ̄)=3
ここまで来たら、駅ももうすぐ(*^^)v

鶴岡八幡宮 赤い建物

やっぱりここはたくさん人がいますね〜w(゚o゚)w
観光? 遅ればせながらの初詣? 成人の日のお参り? その他??

ぎんなんの屋台

ぎんなんのお店発見(*^▽^*)

前に夫と来たとき目についたけど、そのときは買いませんでした。
そのときもこのおじさんだった気がする――
ぎんなんの屋台、1つじゃありませんでしたが、
この人は参道のまんなか付近にいました。
入口のところは前はおばさんだったはず☆

焦げ目のついたできあがりぎんなん 殻に入ってる

火が通ったもよう――

「1つください」と言うと、袋に入れて、そこに塩をバッサバッサ振り入れ、
袋を台に置いて上からガンガン叩いてました。
何で叩いていたのだろう? トンカチではなかったようだけど?

袋

出してみると、どれも固い殻が割れていて、ポロッと実を取ることができます。
殻が割れてなかったのは1つだったか、2つだったか忘れましたが、どちらかです。
さすが、まるでのすように平たくなるまで、ガンガン叩いていただけのことはありますね。
割れた殻の破片がめりこんで、食べられなかったのが1つ(*^m^*)
おじさん、プロの技だわ――

温かいうちがおいしいと思いました。

木の古い橋 通れない、見学のみ

鶴岡八幡宮は通り抜けただけで、お参りはしていません。
だってあの階段を上るなんて、もう疲れていたから無理です(≧m≦)

鶴岡八幡宮
http://www.hachimangu.or.jp/


鶴岡八幡宮を出て、小町通りを通って駅へ――

小町通りといえば腸詰屋のソーセージ!!
毎回のようにここで食べてますもんね☆

白っぽいパンにはさんでもらった白っぽいソーセージ

今回もドッグにしました。
マスタードとケチャップは自由につけられるのですが、
なんか上手につけられませんでした^^;

腸詰屋
http://www.kamakura-soseiji.com/index.html


それからまめやでおみやげを買いました。
まめやは、長谷にもあるので、次からは通ったときはそこで買うことにします。

まめや店舗

だいたい長谷に寄るときは午前中が多いので、あまり混んでいません。
それにやっぱり、小町通りのほうがいつでも人が多いです。

ほぼ全種類っていうくらい試食が出ているのが嬉しいんだけど、
小町通りのお店では人が多すぎて試食に手を出すのはもちろん、買うのも大変(;´▽`A``

または、鎌倉駅のところのエキュートにも店舗があるので、
そこのほうがまだまし(;^_^A
――とはいえ、長谷が一番ゆっくり買えますね☆

午前中にばかり寄るから、
「まだ歩き始めたばかりだし、おみやげは後で小町通りのお店で買えばいいよね」
と思って見るだけで素通り――ところが後で寄る小町通りはいつもコミコミ(>_<)
てなことになってしまいます。

豆菓子

買ったのはカレー味と、いか味ピーナツ、ひまわりの種です。
今回はわたしはおみやげはなしで、自宅用のみ。
妹はいろいろとおみやげを買っていました。
社交家だから配る人多くて、大変です(*^m^*)

まめや
http://www.mame-mame.com/


ところで、小町通りの入口まで戻ってきて、
イワタコーヒーに一応寄ってみたんです。

満席だけど、待っているグループは1組だけ。
「じゃあ、待とうか」と店内で列に並びます。なんたって2番目ですもんね(*^-^)b

お店のお姉さんが「ホットケーキは召し上がりますか?」と聞いてくれます。
ホットケーキは分厚いので有名で、出来あがるまでに時間がかかるので、
先に聞いてくれるのですって。

「はい」と答えると、
「ただいま、ホットケーキを焼くのに時間がかかっておりまして、
お席には30分くらいでついていただけると思うのですが、
ホットケーキをご提供するのは1時間半くらいかかります」

うーん( ̄へ ̄)

前のグループは4人くらいの女性たちで、
「お一人だけいていただければ、ご自由に他を見て回ってこられてもかまいません」
と言われていましたが、もう見るとこないよ、わたしたち帰るだけ┐( ̄ヘ ̄)┌

ハイシーズンだと席につくのも大変なのだから、この時間で1時間半は早いほうなのだろうけど・・・
「今回は諦めますo(_ _*)o」

イワタコーヒー店
http://r.gnavi.co.jp/3115091/


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.17 荏柄天神社

入口 看板が出てる

木がからみあって、まるで門みたい その向こうに鳥居

荏柄天(えがらてん)神社は、鎌倉宮からあまり遠くないところにあるのですが、
「ここが神社」という入口からずいぶん歩きそうなので、
行ってみたことはありませんでした。

でも、浄妙寺・杉本寺・鎌倉宮と、これまで行ったことのあるところばかりだったので、
妹としては行ったことのないところにも行ってみたいらしいです☆

門くぐりましょう

古い門ですね

ここは学問の神様として有名です。

「前に修学旅行でさぁ、子供が荏柄天神社に行きたいって言ってたの。
学問の神様だってお母さんに教わったらしくて。
行きたいところに行くはずだったんだけど、(って、どういう仕組みなんだろう?(・・?)
結構ここまで来るの遠そうだったから、***って言ってやめた」

***のところにはうまいことごまかしたセリフが入るのですが、忘れました。

「だからどんなところか、ちょっと行ってみたいと思って。入ってみようよ」と妹。

朱色の本堂

脇のほうにまた別の鳥居とお堂

1月でしたからね。
合格祈願の人が並んでました。

絵馬売りは大々的にテーブルを出して行われていました。

絵馬ぎっしり並んでいる そこに枝垂れる枯れ枝に赤い花一輪

紅梅・・・かな? 2輪でした。

わたしたちは合格祈願することもありませんが、
せっかく来たのでお参りしました。

待っているときふと、ピンク色の小さな花が咲いているのを妹が見つけました。
初物だったかもしれません☆

荏柄天神社
http://www1.kamakuranet.ne.jp/egara/


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.16 鎌倉宮

白い鳥居 てっぺんは赤い

それから鎌倉宮に行きました。

ここには、「撫で身代わり」という像があって、
自分(や大切な人)の悪いところを撫でて癒えるのを願います。
これは、ここに祀られている護良親王を守って、身代わりとなって最期を遂げた村上義光の像です。

中にも白い鳥居、その向こうに本堂

アップ

背後の森に守られた静かな神社です。

それから、ここには、厄割り石というのがあります。

ここが厄割り石の場所

用意された素焼きの小さい小皿みたいなものに息を吹きつけ(悪いものを移す)、
それを石に叩きつけて割ります。

妹「こういうのって緊張するよね。
だってもし割れなかったら嫌じゃない? 悪いものがとれないみたいで」
――あ、そうか。

そんなことを言われて、「絶対割らなきゃ」と気負ったら、
ホントに全然割れませんでした〜〜(>_<)!!
端っこがほんの0.5mmくらい欠けただけ( ̄□ ̄;)

妹はスパーンと割れました。「だって、気合い入れたもん」
――いや、わたしだってすごい気合い入れたよ!

もう一回、拾って割ってもいいかなぁ?

自分が投げた小皿を拾って、もう一回投げつけました。えい!
――割れない〜〜〜〜〜( ̄ロ ̄|||)!!

も、もう一回、拾って割ってもいいかなぁ!?( ̄へ ̄|||)

えい!!

ようやく割れました┏(´o`|||)┓

鎌倉宮
http://www.kamakuraguu.jp/


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.15 浄妙寺と杉本寺

●浄妙寺

門

浄妙寺に着きました。

妹「ここのお守りがうちにあって、ああ行ったんだな、と思ったんだ」
わたし「この前のとき、来たよ」

本堂までの庭園を抜けていく道

本堂

拝観料を払って中に入ったとき、後ろからやってきた人が窓口の人に、
「石窯ガーデンテラスに行きたいんですけど、
拝観料を払って中に入らないといけないんですか?」

妹「石窯ガーデンテラス、そういえばここだったね!」
わたし「そうだね。結構歩いたよね」(敷地内だけど坂を登って「はぁはぁ」でした)
妹「結局パンは買えなかったんだよね」
わたし「レストランで食べるのはできなかったし、パンはサイズが大きすぎたんだよね」

石窯ガーデンテラスだけに行きたい人は、そういえばどうするんだろう?

窓口の人は何か言っていましたが、聞こえませんでした。

石窯ガーデンテラス
http://www.ishigama.info/map.html


●杉本寺

杉本寺って、入口の階段の両脇にずらっと「十一面観音」ののぼりが立ってる

浄妙寺の後、杉本寺に行きました。
ここは、お堂に上がることができます。
お堂の中には秘仏 十一面観音や、毘沙門天、不動明王などの像があります。

それから、おびんづるさまがあります。
具合の悪いところをさすって平癒を願います。
ただお参りするより、何かそういう行為があるほうが、「やった」感があっていいですね。

立ち入り禁止の古い階段 ここも両脇に「十一面観音」ののぼりがずらり

苔の階段ですが――妹「苔がなくなってる気がする」

そうですね。冬だから? それともなくなってるの??

本堂 本堂の周りも「十一面観音」ののぼりでぐるりとかこまれている

本堂でおびんづるさまをさすりました。

弁天様 小さいお堂(祠くらいの大きさ)

こちらは弁天さま。
杉本寺の中に祀られています。

杉本寺
http://sugimotodera.com/



∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.14 ビゴの店

杉本寺と浄妙寺を目指しています☆

「ここまで来たら、歩いて行ったって同じだよね」
とてくてく歩いています。

すると――

ビゴの店 モン・ペシェ・ミニョン 茶色の建物

お店発見・・・・・・だけど、お店なんてやたらとあるから、スルーよ〜〜

と思ったら、ん!? ビゴの店!?

ビゴの店って!!w(*゚o゚*)w
あの神戸の!?
神戸に行ったとき行ってみたいと思ったけど、結局寄れなかったあの神戸の!?

ショーソン・オ・ポム 葉っぱの柄を表面に焼き付けた一人分のパイ

妹、母から「おみやげは食パンでいい。どのパン屋さんのでもいい」と言われていたので、
食パンを買いました。「これでお母さんのパンは完了」と(*^m^*)
どっしりして結構重い食パンでしたよ〜(*^o^*)

わたしはショーソン・オ・ポムを買いました。
妹にも2つ買って、妹用と母用に持ち帰ってもらうことにしました。

妹、お店の人に「神戸のパン屋さんですか?」と聞いたら、
「はい、本店は神戸にあります」

満足満足♪o(^▽^)o
銀座にもお店があるのですね〜☆
鎌倉じゃあ、滅多に買いに来られないし、他のお店も神奈川が多いし、
一番近いのは銀座かもしれません――(東京、他は田園調布と二子玉川・・・どっちも遠い^^;)

ビゴの店(お店に置いてあったショップカードのURL)
http://bigot-tokyo.co.jp/


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.13 宝戒寺

参道 人がかなりいる

本堂

ここは萩の寺としてよくガイドに出ているので、
本当は萩の咲く季節に来たいです^^

でもその頃ってまだまだ暑いから、あちこち歩き回るのは大変そう。

ところがここ、この寒い季節にも人でいっぱいでした!
あらら、ここも七福神、毘沙門天だったのですね☆

靴を脱いでお堂に入ったら、行列!!( ̄□ ̄;)

せっかくだからと並んで順番を待ちました。
予定よりだいぶ時間をくってしまいました。
正直、ここはささっと終わるはずだったのに(笑)

鐘つき台

鐘

拝観料を払うと、外で鐘を1回ついていい、ということだったので、
それぞれ1回ずつ鐘をつきました。

軽く打ってもゴーン!!と響いて、ちょっとビックリ。

前の人の残響がなくなってから打つ、ということなので、
ときどき行列ができていました。
わたしたちはたまたま行列がないまま打てたので、よかったです^^


さて、上行寺は、鎌倉駅からちょっと海のほうに向かったところにありました。
そこから鎌倉駅に向かっていろいろなお寺を見ながら戻ってきました。

次は鎌倉駅から海とは反対の方向、二階堂のお寺を目指します☆


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.12 妙隆寺

住宅の中に入っていく感じの歩道

駅に向かって歩いて行きます。
車通りもあって、ちょっと歩きにくい道――

ふと横を見ると、わき道を入ったところにもお寺がありました。
「妙隆寺」・・・・・・この名前、鎌倉ガイドで見たけど、特徴は忘れました。
ちょっと寄ってみることにしました。

門 七福神て書いてある

本堂――町のお寺って感じの小ささ

それほど大きなお寺ではないのに、団体客が入ってきます。
ガイドさんが旗を持った歩き団体ツアーさんが、ぞろぞろぞろぞろ――

どうして?
と思ったら、1月だったので、七福神めぐりが行われていたのでした☆(たぶんね)

境内の中に小さな寿老人の祠が

ここは寿老人だったんですね(*^.^*)

鎌倉七福神、以下だそうです。
浄智寺(布袋尊) 鶴岡八幡宮(弁財天) 宝戒寺(毘沙門天)
妙隆寺(寿老人) 本覚寺(夷神) 長谷寺(大黒天) 御霊神社(福禄寿)


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.11 妙本寺

入口 ちょっとぼたもち寺に似てる形の門かな

最初に病気平癒参りをしたとき、「時間があったら寄る」と思っていたけど、
時間がなくて結局寄らなかったお寺です。

それから、このお寺にはもうひとつ、興味を持つ理由がありました。
何かの鎌倉ガイドに、「鎌倉に移り住んだ人」の紹介があって、
お一人、お店だったか創作活動だったかをなさっている女性が、
「妙本寺が近いので、ひとやすみがてらよく行きます。
静かでリフレッシュできます」というようなことを語っていたのです。

お堂――何のお堂なのかな

これもお堂――何かな

本当ですね。静かです。
だいぶ駅に近づいてきたと思うのですが、
わんさか人がいるお寺とは違いますね――

奥に入っていく道――静か

中は広くて、静かな中を歩いていくのは心休まることでした。

朱色の立派な門

落ち着いたお寺でしたが、門は突然朱色で鮮やか☆

本堂へ続くまっすぐな石畳 人は2人くらい

本堂

お参りしていたら、賑やかなグループがやってきて、
妹「なんだかうるさくなってきたから、早く行こう」と急ぎ足に(≧m≦)

グループっていっても、たぶん2人(カップル)+ガイドさん1人。
ガイドさんは、人力車を引いている人で、ガイドも兼ねているのですね。

「え〜! お賽銭ていくら出せばいいのかな〜!」と女性。
「10円でいいんですよ」とガイドさん。「神社は白いお金、100円。お寺は茶色のお金、10円なんです」

へぇ〜、そうなの〜w( ̄o ̄)w

一瞬、「お寺の人からしたら、余計なこと言うな!100円でいいんだ、って思わないかな」と考えましたが、
お寺は拝観料を払って見ることが多いから、差し引き一緒かな、と思い直しました。


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

鎌倉No.6 再訪と初訪編@Vol.10 八雲神社とぼたもち寺

●八雲神社

八雲神社 参道

通りすがりに写真を撮っただけ。
ここは妹の気を惹かなかったようです(*^m^*)

前に夫と来たときは寄ったから、わたしも不満はありません。


●ぼたもち寺

山門 なんかちょっと他と違う 鳥居っていうより屋根みたいになってるし

ここも妹の気を惹きはしなかったけど、
「ぼたもち寺」なんて聞いたら、どうしても写真を撮らずにはいられません。

妹、写真を撮っているわたしを振り返りながら、
「ふうん、牡丹餅ってこういう字を書くのかあ」

門から本堂が見える こじんまりしたお寺みたい

本堂 ちょっとアップで

門の形も面白いお寺でした。
次に通ることがあったら、もっとゆっくり見てみたいです。


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @休日散歩 -鎌倉- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。