2013年10月31日

ケルトのダンス

「リバーダンス」という名前でケルトのダンスが世界で一世を風靡していて、日本にも来ていた頃。
公演を見に行きたいと思ったけれど、結局行きませんでした。

ビデオを買い(当時はまだビデオが存在していました)、圧巻ですっかりファンになりました。
ケルトらしい旋律を生かした音楽も好きでした。

その後、「ロードオブダンス」など、別の名前でも公演をしているのを見るようになりました。
結局一度も生の舞台は見ていないのですが、やはりとても好きです。

Riverdance
4分弱ずつ
http://www.youtube.com/watch?v=B718RsboGEI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=YVxJ3iDrdmw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=HgGAzBDE454&feature=related

Lord of tha Dance
4分弱ずつ
http://www.youtube.com/watch?v=hQGQPkFUE0A&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=JMQFPdy4qyA&feature=fvwrel

Feet of Flames
4分 3分半
http://www.youtube.com/watch?v=NnTq52YXXzc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=qt2T6wtpnW0&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=B8CdAqV8IkY&feature=related
10分くらい 長いのがいい人はどうぞ ファイナルらしく拍手場面多し
http://www.youtube.com/watch?v=6QER37hafbU&feature=fvwrel

∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

アフリカンミュージックを少々

歌――民族音楽的でもあるけれど、少し現代的でもあり。
http://www.youtube.com/watch?v=pBs1W5Zbk8Y

ダンス――民像舞踊的だけど、洗練されている。こういう撮影に慣れてる。
http://www.youtube.com/watch?v=nF92Ua0Van0

ダンス――これは完全に創作ダンス。ステージだし、衣裳も演出。
身体的能力はやはりアフリカ。
http://www.youtube.com/watch?v=fxfTx5uotq4

ポップスで、ダンスも今風
http://www.youtube.com/watch?v=SFaDAlA51KI

パーカッションが、いかにも「イメージの中のアフリカ」でつい最後まで見てしまった。
http://www.youtube.com/watch?v=bFABuq4ZWaQ


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

チャクラ

ヨガでよく言及されますね。

頭から股間の背骨上に7つあると思うと分かりやすいと思います。
チャクラの図は、ネットでもいろいろなところに載っています。

1→7 股間から頭に向かって数えていくようになります。

ヨガはチャクラを開くことを目的とし、ヨガ用の音楽もチャクラの活性化を刺激する音楽が使用されます。

第1のチャクラ ムーラーダーラ・チャクラ 根を支えるもの
肛門と性器の間――会陰にある
http://www.youtube.com/watch?v=nkJdJpYzbj4

第2のチャクラ スワーディシュターナ・チャクラ 自らの住処
陰部にある
http://www.youtube.com/watch?v=JSq-IukW0Xc

第3のチャクラ マニプーラ・チャクラ 宝珠の都市
へそのあたりにある
http://www.youtube.com/watch?v=JSq-IukW0Xc

第4のチャクラ アナーハタ・チャクラ 二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音
胸にある
http://www.youtube.com/watch?v=BhbyYm3fpME

第5のチャクラ ヴィシュッダ・チャクラ 清浄なる輪
喉にある
http://www.youtube.com/watch?v=aDzRZhIb7ok

第6のチャクラ アージュナー・チャクラ 教令、教勅
眉間にある
http://www.youtube.com/watch?v=8DHnxDdOfWs

第7のチャクラ サハスラーラ 千の輻
頭にある
他の6チャクラと異なり、身体次元を超越している
http://www.youtube.com/watch?v=v5h2UfUdzi4



∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

Singing Bowl

ネパールやチベットで楽器として使われているシンギングボウル。
シンギングボウルの音は、とても瞑想的で、心に響きます。

2分〜3分程度の紹介で、演奏法について見やすいです。
最初のものはいろいろな楽器が出てきます。
2つめのものは、たくさんのボウルを使って演奏する様子を見ることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=Bpw53tN6h8E
http://www.youtube.com/watch?v=3hncJzoAiAw

以下は長いので、ゆっくりと聴けるときが良いと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=xDuweaUlAyE

http://www.youtube.com/watch?v=XxD_LYlr_9M

http://www.youtube.com/watch?v=sCPyO7ntRY4



∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

Chant

チベット僧の朗誦の美しさはよく言われるので、有名です。

――チベットは、中国の侵略が激しくて、困難な時期を過ごし続けています。
民族浄化という名のもとに行われる政策も進み、もはや「チベット人」というのはいないのかもしれません。
のんきに音楽を聴いていることに異論や反感があるかもしれませんけど、政治的な問題はもっと博識な方々にお任せして、ここではChantをご紹介します。


美しいです。
http://www.youtube.com/watch?v=WaFUS4HVpGg


低音です。
http://www.youtube.com/watch?v=5-BN_PTzzcQ


瞑想音楽として聴けます。
http://www.youtube.com/watch?v=tTsoduBxR_A


オムマニペメフムは、世界ができたときの最初の言葉。
これはほとんど無伴奏でひたすら唱え続けていますが、
民謡のような曲に合わせて唱えるものも多いです。
http://www.youtube.com/watch?v=iG_lNuNUVd4


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

Zikr

イスラム教の一派、スーフィズムにおいて、神の名を唱えて髪を讃美することをズィクルというそうです。
Wikipediaでは「連唱−日本仏教の称名念仏や唱題に相当する」ともあります。

キリスト教でも神を讃えるゴスペルがあって、まるでポップスのような曲もあるように、ズィクルも今ではいろいろあるようです。


映像も楽しめてよいです。アラビアの風景です。
少し瞑想的な曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=aEPZxf3l8hI


これも映像が楽しめてよいです。モスクの風景のようです。
普通のポップス曲のように楽しめる曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=RZymwAykpRo


ポップス的に楽しめます。
http://www.youtube.com/watch?v=znws-vB57T4


歌のようでもあり、朗誦のようでもあり。
http://www.youtube.com/watch?v=zOS98wE0D5Y


宗教儀式を見せてくれている感じで、興味深いです。
でも会場はものすごくうるさいです。それでも旋回は一見の価値があると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=tX-x13KTFbw


こちらのほうが静かに、そして実際の礼拝を見ることができます。
こうして体を動かしているうちに、一種のトランスに入れるのでしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=xf8qIg6avMA&NR=1&feature=endscreen


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

Legong Bapang Saba Part 1

綺麗な衣裳の女性2人のパッケージ

サイト説明
----------------------------------------------------------
バリの宮廷舞踊で、手の動きに特徴があるとても洗練された優雅な舞踊のレゴンダンス。きらびやかな音楽に合わせてきらびやかな衣装を身にまとった女性ダンサー等が踊ります。こちらは、そのレゴンダンスの曲を集めた一枚。
----------------------------------------------------------

やっぱりわたしはダンスが好きなので、CDもいいけれど映像があったほうがいいです。
バリ舞踊はきらびやかで好きなので、手に入れようと思いました。

レゴンダンスは有名なダンスなので、1枚あってもいいかなと思って買いました。

正直、ずーっと見ていると東南アジアの舞踊ってだんだん飽きてきたりするのだけれど(同じような動きが多いから)、バリ舞踊はガムラン音楽も好きなので見やすいです。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930

∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

THE BARONG & KRIS DANCE OF BALI

悪魔の顔(おかしな像という感じ)のパッケージ

サイト説明
----------------------------------------------------------
バロン(Barong)は、インドネシアのバリ島に伝わる獅子の姿の聖獣のことで、バリ・ヒンドゥーの善を象徴しており、反対に悪の象徴である魔女ランダと対を成す。たとえ倒されても必ず復活しランダと永劫の戦いを続けるとされる。ここから、バロンはあらゆる災害を防ぐ力をもつと信じられており、デサ(村)の寺院の一隅に収められ、日々、供物と祈りの対象となっている。一般的に全身に輝く鏡の小片をつけた獅子の姿で表されています。オダランの日に、悪霊ばらいの舞台劇として「バロンダンス(チャロナラン劇)」が行われ、2人の男がバロンの張りぼての中に入って村中を練り歩き、寺の境内でガムランの伴奏にあわせて踊り狂うというものです。終盤にはトランス状態に入ったダンサーがクリス(短剣)で自らの胸をさすクリスダンスも見ることができます。
----------------------------------------------------------

悪魔祓いということに興味を持ちました。
激しいトランス状態にも興味があったし、きっと激しくて退屈しないのではないかと思いました。

民族舞踊はやはりいいですね。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

THE MYSTICSM OF TRANCE

ケチャを踊る男性らしいパッケージ

サイト説明
----------------------------------------------------------
ケチャ (kecak) とは、インドネシアのバリ島で行われる男声合唱。または呪術的な踊り(サンヒャン)にともなう舞踏劇。『ラーマーヤナ』物語を題材としたバリ舞踊の踊りが円陣の中央の空間に次々と登場し、舞踊劇の様式で行われる。上半身裸で腰布を巻いた数十人(百人を超えることもある)の男性が、幾重にも重なった円陣を組んであぐら座りをする。男達はリズムを刻むだけでなく、劇の進行に伴い合唱を行うこともある。また様々な手や体の動きで、劇の背景としての表現も行う。 サンヒャンは、バリ島の伝統的な舞踏で、疫病が蔓延したときなどに、女児の踊り手や馬の形をした棒を持った男の人を媒体に祖先の霊を招き加護と助言を求めるもので、儀式中にトランス状態だという事をアピールするために焚き火を素足で蹴ったり、起こした炭の上を歩いたりという超常現象を披露します。
----------------------------------------------------------

ケチャは好き。
やぱりケチャは面白いです。

ケチャダンスは1枚持っていたいので、ちょうどよかったです。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

神様カード

ハヌマーンとシヴァかな

購入するとよくついてくる(毎回? 最近買っていないので断言できません)神様カード。

集めているわけではないのだけれど、「神様」と言われると処分しづらいです。

いいと思うものでも、なかなか飾っておくことはしないので、たまる一方です。
ハガキなどを入れておくような小冊子風の文房具に入れておいたらいいのかも。

今度整理します。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930

∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

SERENITY SPA ocean of tranquility

女性が小島のたくさん浮かぶ海の上の空中に浮かんでるパッケージ

まず、サイトの説明から――
----------------------------------------------------------

バリ島のスパやサロン、マッサージ時に流れている、静かな海をイメージして作りだした、リラクゼーションミュージック。リラックスしたい時やサロン・スパやレストラン等のBGMとしてお使いになられてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------

これはわたしのレビュー☆
----------------------------------------------------------

海の波の音がとても素敵に聞こえます。
バリ島らしいメロディと組み合わせられて、
癒しと安らぎの音楽になっていてよかったと思います。

個人的な好みとしては、もう少しメロディにバリらしさがあったほうが良いです。
楽器も、曲によってはもう少し土地の楽器らしい音で奏でてほしかったです。
そのため☆は少なめになりましたが、環境音楽を求めている場合は良さそうです。

辛く考えれば、波の音はよくある気がしますし、
音色や旋律にもっとその土地の「らしさ」が欲しい。

こだわらずに考えれば、よいリラックスCDなのではないか。

――といった、わたしにとってはなんとも言えないところなので、評価も中間です。
つまるところは何を求めているかに帰するのかもしれません。
なんだかんだ言っても、ときどき聴いています。

----------------------------------------------------------


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

A JOURNEY OF NATURE

光のけぶる緑のジャングルの中

まず、サイトの説明から――
----------------------------------------------------------

バリ島のガムランと世界の楽器を融合させて、ジャングルをイメージした、ナチュラルセッションミュージック。

----------------------------------------------------------

これはわたしのレビュー☆
----------------------------------------------------------

癒しや安らぎ、リラクゼーションを求めて購入しました。

様々な鳥の声や獣の声が入っていて、曲によっては騒がしいバック音、
曲もリズムを刻むようなものが多いかもしれません。
でもそれがほどよくて好きです。

リラクゼーションだけれど、明るく元気になる積極性もかきたてられる感じ。
癒されもするし、奮い立ちもする(奮い立つはちょっとオーバーですけど)、
そういう気持ちになります。

以前こちらでPATH TO HAPPINESSを購入しましたが、
あれは本当に、静かでゆるやかで、心を落ち着ける一枚でした。
今回のAJOURNEY OF NATURE SOUNDS OF THE JUNGLEは、まさにジャングル、
同じ美しい音でも生命力に溢れた静けさです。

深い木々の連なりの静けさと、上から輝き漏れる太陽の光、
姿を見せなくても生き物がたくさんいて、生命で溢れている森の中。
――本当のジャングルは知りませんが、そういうイメージが湧いてきました。

----------------------------------------------------------


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

Subi Shahs Nepali Folk Music : One man’s endeavours

白いひげのおじいさんの顔のパッケージ

どうしようか迷ってました。
コンセプトには興味があるけれど、CDはBGM的に聴きたいから、どうかなぁ〜と思って。

まず、販売サイトからの説明を引用します。
その後、そのサイトに寄せたわたしのレビューをそのまま載せます。

----------------------------------------------------------
ネパール民謡の生き字引とも言えるSubi Shah翁の演奏を収録した一枚です。Subi Shah翁はネパールの首都、カトマンズの北に位置するガンダキエリアの出身で、幼少児よりその音楽的な才能を見込まれていました

大人になりカトマンドゥに来て、王宮づきの仕事を得、公的な場での演奏やパーティでの演奏をしながら、民謡の歌詞の収集など、ネパール民謡の全般的な紹介、保存に務めてきました。現在はカトマンドゥ市内で個人的に音楽を教えています。ネパール民謡に彩られた人生を歩いてきたSubi Shah翁の人生を詰めた一枚です。
----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------
もともと民族音楽が好きだったのですが、
このようなそのままの民族音楽は最近あまり聴いていませんでした。
なので視聴したときは、買おうかどうか、迷いました。

民族音楽要素を取り入れながら今風のアレンジだったり、
民族音楽だと構えなくても聴ける曲だったりが増えています。
やはりそういうCDは聴きやすく、普段使いに適しているので、
そういった音楽に慣れてしまっていました。
特にティラキタさんは品揃えがいいので、
いつのまにかそういう音楽をたくさん聴くようになりました。

久しぶりに聴いた気がする「100%民族音楽」という感じの音色に、
これは普段BGMにするには向かないかな、と躊躇していました。

でも買って良かったです。

いかにも現地録音といった音で、音がぼんやり聴こえたりします。
民族音楽らしい繰り返しの旋律には、最初は「飽きるかな?」と思いました。

しかし聴いているうちに、だんだん気分がのってきて、引き込まれました。
商業的なアレンジがないように感じられて――
商業的なといって語弊があるなら現代風なアレンジがないとでも言うか、
そういうCDなので、民族音楽好きにはいいと思いました。

ネパール音楽の歴史として、一枚持っていたいCDかと思って購入しましたが、
正解だったと思っています。真摯に伝統の音楽に取り組んだ成果のCDですね。

----------------------------------------------------------


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

民族音楽系CD パーカッションCD

3枚のCD

左側は「BEAT BAZZAR」
いろいろなパーカッション曲が収録されていました。

どうしてもこういう「いろいろ入っていてお得」CDに惹かれてしまうので、中には他のCDで聴いたな、と思う曲もあります。
また、アラビアのパーカッションは、基本のリズムが決まっているようです。
パーカッションの基本リズムのCDを視聴したら、これまで聴いたことのあるリズムがもっとシンプルに演奏されていました。
つまり、18だか20くらいある基本のリズムを使って、それをアレンジして作るということのようです。
だから「聴いたことある」と思うリズムがあるわけですね。

右側はスス・パンパニンという女性パーカッショニストのCD。
繊細さを感じさせる演奏でなかなかよいです。

真ん中は「ZIKR」というイスラム教の朗誦だそうです。
これは独特でした。
楽しみのための曲ではないのでしょうけど、最後まで聴いていても飽きません。
YouTubeに1曲あるようなので、ぜひどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=MIUlEo9XxuI

ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

ダークサイケCD

CD3枚

ダークサイケ、特に興味はなかったけど、よく利用していたインド雑貨サイトで売っているのでいつのまにか刷り込まれ、買いました。
そうしたら、テンポがよくて、ちょっといいなぁ〜と思って、BGMとして重宝しています。

久しぶりに見たら、新しいCDが入荷していたので、試聴を重ねた末、3枚選びました。

ひとつは、こういった音楽の中で「祖」のような扱いの方の生誕何周年を祝って、というようなCDでした。
いろいろなグループの音楽がオムニバスで集まっているので、飽きなくて楽しかったです。

今回のはどれも当たりで、好みのCDでした。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

ルンギ

赤い布 深紅 おりたたんであるけど結構大きい

これまた「いくら以上でプレゼント」のルンギ。

――ルンギではなく、ストールだったかも?

いずれにしても、一色なので、ストールとして使いやすいです。
赤は好きな色なので、色としても気に入っています。
深めの赤で、何かとあわせやすいかな、と思いました。


ティラキタ
http://www.tirakita.com/?ua=28930


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -India- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。