2013年11月01日

コサックダンス

本物のコサックダンスを見たことはありません。
わたしが見るのは、バレエの中で踊られている場面だけです。

ロシアで作られたバレエでは、いろいろな民族舞踊らしい踊りが織り込まれていることが多いのです。
たとえば花嫁選びのパーティーで、いろいろな国の人たちが順に踊る、とか。
おとぎの国に行ったら、中国の人形やアラビアの踊り子が次々に出てきて踊る、とか。

コサックダンスは、たぶんなかなかできないダンスだろうな、と見ているだけでも分かります。
腕は組んで足だけを動かすイメージがあります。
とにかく大変そう――かなり足腰の筋肉を使いそうです。

コサックダンス
http://www.youtube.com/watch?v=BvnJS_zkaMY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=oTo6OinfblY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=B24sJC6_OGY&feature=related

Kazacok
http://www.youtube.com/watch?v=jU9n80nkErw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=rHpNQWhSdbY

Gopak
http://www.youtube.com/watch?v=eMgj7guT020
http://www.youtube.com/watch?v=fjeHgvkKEjA
http://www.youtube.com/watch?v=D7qyoq-GoQE

何だか分からないけど、ロシアの
http://www.youtube.com/watch?v=glL5-uKy0Uw&feature=related

∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

ケルトのダンス

「リバーダンス」という名前でケルトのダンスが世界で一世を風靡していて、日本にも来ていた頃。
公演を見に行きたいと思ったけれど、結局行きませんでした。

ビデオを買い(当時はまだビデオが存在していました)、圧巻ですっかりファンになりました。
ケルトらしい旋律を生かした音楽も好きでした。

その後、「ロードオブダンス」など、別の名前でも公演をしているのを見るようになりました。
結局一度も生の舞台は見ていないのですが、やはりとても好きです。

Riverdance
4分弱ずつ
http://www.youtube.com/watch?v=B718RsboGEI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=YVxJ3iDrdmw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=HgGAzBDE454&feature=related

Lord of tha Dance
4分弱ずつ
http://www.youtube.com/watch?v=hQGQPkFUE0A&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=JMQFPdy4qyA&feature=fvwrel

Feet of Flames
4分 3分半
http://www.youtube.com/watch?v=NnTq52YXXzc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=qt2T6wtpnW0&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=B8CdAqV8IkY&feature=related
10分くらい 長いのがいい人はどうぞ ファイナルらしく拍手場面多し
http://www.youtube.com/watch?v=6QER37hafbU&feature=fvwrel

∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

アフリカンミュージックを少々

歌――民族音楽的でもあるけれど、少し現代的でもあり。
http://www.youtube.com/watch?v=pBs1W5Zbk8Y

ダンス――民像舞踊的だけど、洗練されている。こういう撮影に慣れてる。
http://www.youtube.com/watch?v=nF92Ua0Van0

ダンス――これは完全に創作ダンス。ステージだし、衣裳も演出。
身体的能力はやはりアフリカ。
http://www.youtube.com/watch?v=fxfTx5uotq4

ポップスで、ダンスも今風
http://www.youtube.com/watch?v=SFaDAlA51KI

パーカッションが、いかにも「イメージの中のアフリカ」でつい最後まで見てしまった。
http://www.youtube.com/watch?v=bFABuq4ZWaQ


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

チャクラ

ヨガでよく言及されますね。

頭から股間の背骨上に7つあると思うと分かりやすいと思います。
チャクラの図は、ネットでもいろいろなところに載っています。

1→7 股間から頭に向かって数えていくようになります。

ヨガはチャクラを開くことを目的とし、ヨガ用の音楽もチャクラの活性化を刺激する音楽が使用されます。

第1のチャクラ ムーラーダーラ・チャクラ 根を支えるもの
肛門と性器の間――会陰にある
http://www.youtube.com/watch?v=nkJdJpYzbj4

第2のチャクラ スワーディシュターナ・チャクラ 自らの住処
陰部にある
http://www.youtube.com/watch?v=JSq-IukW0Xc

第3のチャクラ マニプーラ・チャクラ 宝珠の都市
へそのあたりにある
http://www.youtube.com/watch?v=JSq-IukW0Xc

第4のチャクラ アナーハタ・チャクラ 二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音
胸にある
http://www.youtube.com/watch?v=BhbyYm3fpME

第5のチャクラ ヴィシュッダ・チャクラ 清浄なる輪
喉にある
http://www.youtube.com/watch?v=aDzRZhIb7ok

第6のチャクラ アージュナー・チャクラ 教令、教勅
眉間にある
http://www.youtube.com/watch?v=8DHnxDdOfWs

第7のチャクラ サハスラーラ 千の輻
頭にある
他の6チャクラと異なり、身体次元を超越している
http://www.youtube.com/watch?v=v5h2UfUdzi4



∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

Singing Bowl

ネパールやチベットで楽器として使われているシンギングボウル。
シンギングボウルの音は、とても瞑想的で、心に響きます。

2分〜3分程度の紹介で、演奏法について見やすいです。
最初のものはいろいろな楽器が出てきます。
2つめのものは、たくさんのボウルを使って演奏する様子を見ることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=Bpw53tN6h8E
http://www.youtube.com/watch?v=3hncJzoAiAw

以下は長いので、ゆっくりと聴けるときが良いと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=xDuweaUlAyE

http://www.youtube.com/watch?v=XxD_LYlr_9M

http://www.youtube.com/watch?v=sCPyO7ntRY4



∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

Chant

チベット僧の朗誦の美しさはよく言われるので、有名です。

――チベットは、中国の侵略が激しくて、困難な時期を過ごし続けています。
民族浄化という名のもとに行われる政策も進み、もはや「チベット人」というのはいないのかもしれません。
のんきに音楽を聴いていることに異論や反感があるかもしれませんけど、政治的な問題はもっと博識な方々にお任せして、ここではChantをご紹介します。


美しいです。
http://www.youtube.com/watch?v=WaFUS4HVpGg


低音です。
http://www.youtube.com/watch?v=5-BN_PTzzcQ


瞑想音楽として聴けます。
http://www.youtube.com/watch?v=tTsoduBxR_A


オムマニペメフムは、世界ができたときの最初の言葉。
これはほとんど無伴奏でひたすら唱え続けていますが、
民謡のような曲に合わせて唱えるものも多いです。
http://www.youtube.com/watch?v=iG_lNuNUVd4


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

Zikr

イスラム教の一派、スーフィズムにおいて、神の名を唱えて髪を讃美することをズィクルというそうです。
Wikipediaでは「連唱−日本仏教の称名念仏や唱題に相当する」ともあります。

キリスト教でも神を讃えるゴスペルがあって、まるでポップスのような曲もあるように、ズィクルも今ではいろいろあるようです。


映像も楽しめてよいです。アラビアの風景です。
少し瞑想的な曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=aEPZxf3l8hI


これも映像が楽しめてよいです。モスクの風景のようです。
普通のポップス曲のように楽しめる曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=RZymwAykpRo


ポップス的に楽しめます。
http://www.youtube.com/watch?v=znws-vB57T4


歌のようでもあり、朗誦のようでもあり。
http://www.youtube.com/watch?v=zOS98wE0D5Y


宗教儀式を見せてくれている感じで、興味深いです。
でも会場はものすごくうるさいです。それでも旋回は一見の価値があると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=tX-x13KTFbw


こちらのほうが静かに、そして実際の礼拝を見ることができます。
こうして体を動かしているうちに、一種のトランスに入れるのでしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=xf8qIg6avMA&NR=1&feature=endscreen


∞登録しています∞
にほんブログ村
にほんブログ村

posted by Yuki at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | @雑記 -Music Dance- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。